尿漏予防運動


 

骨盤底筋を鍛える運動の動画です。ちょっときつそうですが、ビリーズブーとキャンプほどではないでしょう(笑)

 

 

 

尿漏れに関する記事と体操

 

ちょっときつそうですが、西日本新聞に載っていた体操の記事はこちらです。
この体操は、年代を問わずできそうです。よい、参考になる記事だと思います。

 

 

息をゆっくり吐いて。肛門(こうもん)を引っ込めるようにお尻に力を入れて。そのまま1、2、3…」

 

北九州総合病院(北九州市小倉南区)の女性専用の診療室。看護師が声を掛けながら、ベッドであおむけになっている女性のお尻に手を当てて、力の入り具合を確認していた。

 

尿漏れ予防の運動

 

この病院では「女性の悩みの解消につながる体操なのに、知っている人は少ない。普及に努めたい」と女性泌尿器外来担当の看護師約10人が、10月から週2回、相談に来た人に無料で体操を指導している。

 

川本三枝子看護師によると、体操は姿勢によって計4種類あり、いずれも肛門と膣(ちつ)を5秒間締める。それぞれを説明すると−。

 

 【1】あおむけの姿勢で足を肩幅に開いてひざを立て、体の体の力を抜いて肛門と膣を締める。
 【2】ひざとひじを床に付いて四つんばいになり、手のひらにあごを載せた姿勢で締める。
 【3】机のそばで足を肩幅に開いて立ち、肩幅に広げた両手のひらを机の上に付いて体重を支えた後、締める。
 【4】背筋を伸ばしていすに座り、足を肩幅に開き、腹に力が入ったり動いたりしないよう注意しながら締める。

 

 

 

体操は、この4種類から自分に合ったポーズを組み合わせて1日に計100回程度すればよい。

 

九州労災病院(北九州市小倉南区)泌尿器科副部長の野村昌良医師によると、毎日続けても効果が出るのは少なくとも1−3カ月後だという。今は症状がないものの、将来の尿漏れを予防したい人は1日30回程度行うといい、と説明してくれた。

 

 適切に体操するにはコツを覚えることが何より大切。自分の体操が正しいかどうか分からない場合は、締まっているかどうかを指で触れたり鏡で見たりして確認する方法もあるが、最初は専門の医師や看護師に教わるのがいいそうだ。

 

 体操では、骨盤の底でぼうこうや子宮、直腸などを支える筋肉群「骨盤底筋」を鍛えている。

 

尿漏れ予防の運動

 

 骨盤底筋は、出産や加齢に伴って緩みやすい。・・・・腹圧性尿失禁は、女性の尿漏れの7割に上る。

 

 体操をすることで、せきなどの拍子に時々少量が漏れる程度の尿漏れが改善できるという。・・抜粋

 

 「尿漏れも骨盤臓器脱も、体操や手術で予防と完治ができます。放置していても良くならないので、1人で悩まずに相談してほしい」と野村医師は話している。

 

抜粋ですので、本記事はこちらです
尿漏れ防げ「骨盤底筋体操」 1日100回、1─3カ月が目安

尿漏れ予防の運動関連ページ

美脚ぐせパンプス
履物を変えると、お知りがグットしまります。普段履、会社で履いているスリッパやサンダルを変えるだけでいいですね。
大量の失禁対応パンツ
大量の尿もれに対応しているパンツをご紹介します。200ミリリットル近くを吸収するパンツは強い見方です。

尿漏れの対策